バストアップは食事・睡眠・運動の3つが基本になる?!

乳腺が成長しないと、胸が大きくなりにくいと言われていますね。

思春期は胸が成長しやすいタイミングですが、この時期に健康な毎日を過ごしていると乳腺が成長しやすくなるとされています。

そして、女性ホルモンの生成量が多いと乳腺が成長しやすくなるんですよね。

思春期に好き嫌いがたくさんあったり、無謀な食事制限をしたりしていると、ホルモンバランスが乱れてバストに悪影響を及ぶ可能性が高いので気を付けてください。

また、ストレス過多や疲労の蓄積、睡眠不足などもホルモンバランスに悪影響を及ぼしかねません。

特に思春期にこれらのことを意識するのが重要ですが、もちろん大人になってからでも遅くはありません(思春期から良い習慣ができていたのであれば、それをずっと続けていきましょう)。

まずは、基本となる食習慣・睡眠習慣・運動習慣などをできる範囲で改善してみましょう。

そして寝る前には育乳効果が期待できるナイトブラをつけることをおすすめします!

胸を大きくするカギの一つは「大胸筋」が有名ですね。

大胸筋とは胸を支えてくれる大事な筋肉です。

ですから、胸を大きくしたいのであれば大胸筋のトレーニングをするのが良いようです。

ネット上でも大胸筋トレーニングやヨガでエクササイズをするとバストアップ効果が望めるとも書かれていますね。

しかし、もちろん「大胸筋を増強すれば必ず胸が大きくなる」というわけではありません。

ですが、バストアップができないにしても、運動が体にいい事は確かですから導入してみてはいかがでしょうか。

その上で食習慣や睡眠時間の確立を含めた生活スタイルの改善もしていくのは忘れないでいて下さい。

思春期が過ぎてもバストアップは可能?

思春期には胸の形やサイズがかなり変わるとされています。

詳しく言うと、

生理が開始する1~2年か、それよりも前からバストが大きくなり始めます。

生理が開始する間際になると、バストの硬度が増して、「←→」方向にも大きくなってきます。

そして、生理が始まってから、バストがさらに大きくなったり丸みを帯びたりしていくと伝えられています!

生理開始から3年を超えたあたりで、胸の成長のピークを迎えるとも言われているようですよ。

個人差にもよりますが、一般的には10~15歳程度で生理が始まりますよね。

ですから、「10~18歳前後が、胸を大きくしやすい時期である」と言えるかもしれません。

このタイミングで、大胸筋を鍛えたり、食事・睡眠・運動の習慣を整えたりすれば、サイズがかなり違ってくる可能性もあるでしょう!

また、ある程度胸が成長してきた時期からは寝る前にナイトブラを装着するのと効果がより一層でるのではと思います。

けれども、胸の大きさに悩む女子が以外と多くいるのは現実ですが、成長期は自然にゆだねることも大切です。