プエラリア配合のサプリでバストアップすることは可能?

「プエラリアミリフィカ」と言う成分をご存じでしょうか?

サプリでなくても、「プエラリアミリフィカ」が入っているバストケアアイテムの存在を知っている胸に悩みを持つ女性は少なくないはずです。

そして、バストアップ効果も期待できる有名な成分ですね。

近年では美容効果を得るために活用している人が多いようです!

特に「根っこ」がよく用いられており、肌のハリを高める作用や育乳などに用いられることができると言われています。

では、そのプエラリアがそのようなパワーを持っているのはなぜなのでしょうか。

ズバリ、「イソフラボンと同じような働きが期待できて、強さもおよそ40倍」が主な理由だと思われます。

「エストロゲン」という女性ホルモンには女性の身体を形成する働きがありますが、プエラリアはこの物質と近い働きをしてくれると伝えられています!

「イソフラボンと言えば大豆でしょう?!」とイメージする人もいるかもしれませんね。

確かに大豆には「大豆イソフラボン」がたくさん入っていますから、豆腐や納豆などの食品を多く食べることを心掛けている人もいると思います。

ですが、「大豆の4000パーセント」にも及ぶイソフラボンが、プエラリアには入っています。

だからこそ、近年多くの女性にプエラリアが注目されているんですよね。

バストアップのためには大豆系の食品だけでなく、プエラリア配合のサプリを飲んでいる女子も多いと聞きます。

しかし、そのような作用の強い成分には反動も伴ってくると伝えられています。

 

プエラリアミリフィカのリスクについて

プエラリアの凄さがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ですが「それだけ効果的な成分なのだからリスクもあるのでは?」と不安になった人もいると思います。

実際、女性ホルモンに働きかける物質ですから、極端に多く摂るとホルモンバランスが不安定になってしまうかもしれません。

また、適切な量に抑えていたとしても、体との相性が悪ければ体調を崩してしまう恐れがあります。

何らかの副作用に見舞われたのであれば、すぐにプエラリアの摂取を中止するようにしてください。

そして、専門医で診てもらいましょう。

個人差にもよりますが、場合によっては低用量ピルなどが処方されるかもしれませんし、ホルモン関連の何らかの治療に取り組むことになる可能性もあります。

それから、プエラリアのリスクを下げる手段もあるようです。

まずは、ご自身のホルモンバランスと月経サイクルを把握してください。

これらのことは「基礎体温」から分かります。

「月経開始~排卵(約半月)」の時期には、エストロゲンの生成量がアップしやすいです。

そして「排卵~月経開始(約半月)」のタイミングでは、プロゲステロンの生成量がアップして、エストロゲンの生成量はダウンしやすいです。

こういった体の仕組みを理解すると、どの時期にプエラリア配合のサプリなどを使うべきかが見えてくるはずですね!

 

プエラリアミリフィカはバストアップ効果が期待できる成分ではありますが、1日の使用量や用途を必ず守るということを念頭において活用して下さい。