バストサイズ」タグアーカイブ

思春期を過ぎても胸は成長するの?

結論から言いますと、思春期以降も胸を大きくすることが可能です!

確かに「最もバストアップしやすい時期」は思春期であると言われていますが、20代になってからでも育乳することができます。

実は思春期はそれほど脂肪が増えやすいタイミングではありません。

むしろ脂肪が増えやすいのは20代になってからですので、胸を大きくすることは十分叶います。

また、「女性ホルモンの生成」と「育乳」には密接な関わりがありますが、成人してからも当然女性ホルモンは分泌されますよね。

むしろ大人になってからのほうが分泌量がアップする人さえいます。

ただし、50代を超えてやがて閉経の時期かくると女性ホルモンの生成量が大きく下がり始めるので、さすがに胸を大きくすることはまずできなくなるかもしれません。

ですが、閉経するまでであれば、

・大胸筋を鍛える
・食習慣
・良質な睡眠時間
・最適な運動

などのことを諦めずに頑張れば胸が大きくなる可能性は十分あり得るでしょう!

ですから、まずは「大人になったら胸が大きくならなくなる」という思い込みを捨てずに努力が必要です。

ナイトブラを使うと胸が大きくなるの?

「補正下着」の中には、胸を大きくしたり形を整えたりする育乳効果が期待できるものがありますね。

その補正下着の一つに「ナイトブラ」というものがあります。

一般的なブラジャーに比べてカップのバストサイズがやや上であり、胸周辺(背中や脇)の脂肪を持ってきて、谷間を作り固定することが可能です。

当然、ナイトブラでなくても似たような機能を持つブラジャーはありますね?!

ですが、ナイトブラでない場合は「ブラジャーを取ったらすぐに胸の脂肪が背中や脇に逃げてしまう!」というケースが少なくないでしょう。

しかし、育乳ブラに関しては「日頃から装着することで、装着していないときの胸の形も綺麗になっていく」と言われています。

もちろん数日で変化が現れるようなものではないので、コツコツ毎日続けていくことが重要です。

グラビアアイドルやモデルなどのタレントのなかにも、ナイトブラを愛用している人は少なくないとされています。

そして、効果がかなりでてきた人の中には「今までなかった谷間が生まれた」と語る人も。

そうでなくても「数か月くらいで胸にハリが出てきた」「左右のバランスが良くなった!」という声が以外とあるようです!

一般的な補正下着とは違いますので、使ってみる価値は十分あると思いますよ。

価格帯としては数千円のものが多いですが、中には1万円を超えてくる商品もありますね。

いずれにしても、機能性や付け心地を重視しつつ、できればカワイイデザインのナイトブラがあれば一度試してみる価値はあると思います!

バストに関する男女の認識の違い

バストに関する男女の認識の違いは

・男性が望むバスト

・女性が期待しているバスト

は異なるようです!

女性からすると「どうせ男性は大きな胸が好きなのだから、できるだけバストアップしないと」と感じているのかもしれません。

しかし実際には、男性を対象としたあるアンケートでは、

Gカップ~を好む人:約1パーセント

DFカップを好む人:40パーセント以上

ACカップを好む人:50パーセント以上

という分布になっているそうです。

男性の場合、バストサイズよりも「形」にこだわる人が多数派のようです。

それもあってか、最近ナイトブラ(睡眠中に着用するブラジャー)の人気が高まってきているのでしょうね。

ちなみに、同じようなアンケートを女性を対象に行ったところ、

Gカップ~を好む人:約2パーセント

DFカップ:60パーセント以上

ACカップ:40パーセント以下

という数字になるみたいです。

男女で感覚の違いはあれども「Gカップ~」を望む人はかなり少ないですね。(ですがDFカップを望む女性が多いのは印象深いです。)

バランスを考えるとCDカップくらいが一番好ましいのかもしれませんね。

「男性に好かれやすく、女性である自分としても自信が持てるサイズ」だと言えそうです。

また、CDカップであればバストの形のキープもしやすくなると言われています。

 

バストの構造を把握しましょう

よく「バストはほとんどが脂肪」と言われますし、それも間違いではないのかもしれません。

ですが、実際には・乳腺・クーパー靭帯・脂肪組織などによって構成されています。

詳しく言うと、

「脂肪組織が乳腺の周囲に存在していて、大胸筋とクーパー靭帯がバストを支えている」という感じです。

そして、乳腺が多い女性はバストサイズが大きい傾向にあり、形も美しい場合が多いです。

また、脂肪が「乳腺と大胸筋の間」の部分にあり過ぎると、バストサイズが大きくなりにくいです。

逆にこの場所に脂肪が少なければ、胸の形が美しくなりやすいんですよね。

それから、クーパー靭帯も胸を支えています。

そのためクーパー靭帯が牽引され過ぎると、いわゆる「垂れや下垂」が生じてしまうことになりかねません。

胸の形を安定させたりサイズアップしたりするためにも、大胸筋やクーパー靭帯、脂肪組織、乳腺などの役割を知っておくと良いと思います。

特に大胸筋のエクササイズやデコルテ周辺のリンパマッサージなどは自宅で簡単にできるので、合間に実践してみるとバストアップ効果が期待できそうです!