マッサージ」タグアーカイブ

バストに関する男女の認識の違い

バストに関する男女の認識の違いは

・男性が望むバスト

・女性が期待しているバスト

は異なるようです!

女性からすると「どうせ男性は大きな胸が好きなのだから、できるだけバストアップしないと」と感じているのかもしれません。

しかし実際には、男性を対象としたあるアンケートでは、

Gカップ~を好む人:約1パーセント

DFカップを好む人:40パーセント以上

ACカップを好む人:50パーセント以上

という分布になっているそうです。

男性の場合、バストサイズよりも「形」にこだわる人が多数派のようです。

それもあってか、最近ナイトブラ(睡眠中に着用するブラジャー)の人気が高まってきているのでしょうね。

ちなみに、同じようなアンケートを女性を対象に行ったところ、

Gカップ~を好む人:約2パーセント

DFカップ:60パーセント以上

ACカップ:40パーセント以下

という数字になるみたいです。

男女で感覚の違いはあれども「Gカップ~」を望む人はかなり少ないですね。(ですがDFカップを望む女性が多いのは印象深いです。)

バランスを考えるとCDカップくらいが一番好ましいのかもしれませんね。

「男性に好かれやすく、女性である自分としても自信が持てるサイズ」だと言えそうです。

また、CDカップであればバストの形のキープもしやすくなると言われています。

 

バストの構造を把握しましょう

よく「バストはほとんどが脂肪」と言われますし、それも間違いではないのかもしれません。

ですが、実際には・乳腺・クーパー靭帯・脂肪組織などによって構成されています。

詳しく言うと、

「脂肪組織が乳腺の周囲に存在していて、大胸筋とクーパー靭帯がバストを支えている」という感じです。

そして、乳腺が多い女性はバストサイズが大きい傾向にあり、形も美しい場合が多いです。

また、脂肪が「乳腺と大胸筋の間」の部分にあり過ぎると、バストサイズが大きくなりにくいです。

逆にこの場所に脂肪が少なければ、胸の形が美しくなりやすいんですよね。

それから、クーパー靭帯も胸を支えています。

そのためクーパー靭帯が牽引され過ぎると、いわゆる「垂れや下垂」が生じてしまうことになりかねません。

胸の形を安定させたりサイズアップしたりするためにも、大胸筋やクーパー靭帯、脂肪組織、乳腺などの役割を知っておくと良いと思います。

特に大胸筋のエクササイズやデコルテ周辺のリンパマッサージなどは自宅で簡単にできるので、合間に実践してみるとバストアップ効果が期待できそうです!

ナイトブラでバストアップはできる?

 

小さい胸に苦悩している女子は、注意しないと、昔からのコンプレックスからストレスが生まれて、バストアップを邪魔する原因になる恐れだってあり得るでしょう。

ナイトブラで胸の脂肪を中央にきちんと集中して寄せるのを実行すれば、少しづつと胸の離れ方がましになり中央に胸が向き、憧れの谷間をゲットする事が出来るという訳ですね。

活発な女性ホルモンの分泌につながるツボへの刺激を行ない、体内のリンパの巡りを向上させるようにすると、バストアップ以外の点でも、綺麗な肌をつくる効果もあると評判のようです!

一般的に脂肪注入法は、自身の身体の脂肪を使うため、リアルな胸と変わらないソフトな柔らかさ、自然で綺麗なボディラインを実現できることが期待できます!

「理想のバストを何とかして手に入れたい」「できればCカップまでになりたい!」胸に悩んでいる女子であれば、皆が願うことでしょう!

育乳効果があり、高評価を得ているナイトブラでバストアップを実現する方法は「着けて寝るだけ」副作用の心配はないです。

貧乳の人は、無意識のうちに、自身の小さい胸をどうにかしようと考えて、知らず知らずのうちに前かがみ気味になってしまうようです。

ほとんどのバストアップクリームには保湿成分を入れているはずですので、キレイな肌になっていくということにおいても長所も期待できます。

小さい胸に悩む方、あるいは出産によって垂れてしまったという人は、正しいマッサージで理想的な大きな胸を実現しましょう!

夢のバストアップ成功には、「外から内へ」「下から上へ」を忘れないようにしましょう!

ツボに正しく刺激を与えると、大切なホルモンをより分泌させる効果がありますから、ツボを正しく押す事により、成長期がとっくに過ぎた大人でも、バストアップは十分可能です。

近ごろは、口コミやSNSで、バストアップマッサージという方法が効果の実感が早く出るみたいで、胸で悩んでいる女子達の話題を集めているらしいです。

バストアップクリームを選ぶ際には、主な成分などを確認してください。

美容成分は勿論ですが、バストに有効な成分の含まれるアイテムに出会うというのが大きなポイントだと言われています。

実際のバストアップのやり方は、バストのマッサージですとか筋肉トレーニングというように多種多様に存在しますが、適度な刺激をツボに与えればコンプレックスである小さい胸を大きくすることは夢ではないということを知っていますか?

通常行われるダイエットは痩せて欲しくない胸も小さくしてしまう可能性があります。

しかし、リンパマッサージをしていくと、ダイエットが引き起こす課題をカバーし、バストアップや育乳をサポートしてくれる期待が持てるでしょう!