下垂」タグアーカイブ

バストに関する男女の認識の違い

バストに関する男女の認識の違いは

・男性が望むバスト

・女性が期待しているバスト

は異なるようです!

女性からすると「どうせ男性は大きな胸が好きなのだから、できるだけバストアップしないと」と感じているのかもしれません。

しかし実際には、男性を対象としたあるアンケートでは、

Gカップ~を好む人:約1パーセント

DFカップを好む人:40パーセント以上

ACカップを好む人:50パーセント以上

という分布になっているそうです。

男性の場合、バストサイズよりも「形」にこだわる人が多数派のようです。

それもあってか、最近ナイトブラ(睡眠中に着用するブラジャー)の人気が高まってきているのでしょうね。

ちなみに、同じようなアンケートを女性を対象に行ったところ、

Gカップ~を好む人:約2パーセント

DFカップ:60パーセント以上

ACカップ:40パーセント以下

という数字になるみたいです。

男女で感覚の違いはあれども「Gカップ~」を望む人はかなり少ないですね。(ですがDFカップを望む女性が多いのは印象深いです。)

バランスを考えるとCDカップくらいが一番好ましいのかもしれませんね。

「男性に好かれやすく、女性である自分としても自信が持てるサイズ」だと言えそうです。

また、CDカップであればバストの形のキープもしやすくなると言われています。

 

バストの構造を把握しましょう

よく「バストはほとんどが脂肪」と言われますし、それも間違いではないのかもしれません。

ですが、実際には・乳腺・クーパー靭帯・脂肪組織などによって構成されています。

詳しく言うと、

「脂肪組織が乳腺の周囲に存在していて、大胸筋とクーパー靭帯がバストを支えている」という感じです。

そして、乳腺が多い女性はバストサイズが大きい傾向にあり、形も美しい場合が多いです。

また、脂肪が「乳腺と大胸筋の間」の部分にあり過ぎると、バストサイズが大きくなりにくいです。

逆にこの場所に脂肪が少なければ、胸の形が美しくなりやすいんですよね。

それから、クーパー靭帯も胸を支えています。

そのためクーパー靭帯が牽引され過ぎると、いわゆる「垂れや下垂」が生じてしまうことになりかねません。

胸の形を安定させたりサイズアップしたりするためにも、大胸筋やクーパー靭帯、脂肪組織、乳腺などの役割を知っておくと良いと思います。

特に大胸筋のエクササイズやデコルテ周辺のリンパマッサージなどは自宅で簡単にできるので、合間に実践してみるとバストアップ効果が期待できそうです!